アクセスカウンタ

PontaとHacchonぶろぐ

プロフィール

ブログ名
PontaとHacchonぶろぐ
ブログ紹介
きままにふわり
信州茅野八ヶ岳裾野より空を見上げてお天気の事や
他愛のない話題を連ねます
ぽんた with はっちょん in Tatesina chino Nagano
zoom RSS

とても暑い日が続く今年はまだ枝垂れ桃咲いているのに

2017/05/22 00:50
暑い
たぶん、里はもっと暑いのだろうけれど、暑いという言葉がでた
蓼科の風は朝夕は涼しいものの、日中は刺すような光に庭も森も照らされて
庭のたんぽぽの綿毛が、雪のように舞っていた

暑くて半袖で裸足で靴を履いたら靴ずれができた
高原に住みだすと、同じ諏訪地方であるのに、すっかり身体が涼しい気温に慣れてしまい
加えて、1週間前はタートルネックのトレーナーを着ていたものが

暑い
草が茎だけがにょきにょき伸びていて
そして、この気温が、ふたたび平年並みに落ち着いたなら
実のなる植物たちはどうなるのかなあと

春にさえずる鳥たちはこの暑さにどう対処しているのだろう

それにしても
裸足て靴を履くべきではなかった
靴擦れが痛い

夏は天然クーラーの此処だけれど
都会の方々は涼を求めてくるのだろうけれど
住んでいる者には
身体が例年ならばまだ15度に設定されているため
暑い

と、そればかり言ってアイスクリームを買ってきた週末だった

わんこも、外にでると日陰でお座り

天変地異など起こらなければよいねえと話していた週末だった

記事へトラックバック / コメント


4月最後の日曜日は晴れ

2017/04/30 10:42
画像

昨夜もとても寒くストーブをつけた4月最後の土曜日
本日は4月最後の日曜日 青空ですこし霞みかかる美しい春
ドウダンツツジが咲きだして
桜もやっと満開になり
ワンコもやっとおさんぽしながら草を食べることができる季節になってきた
よい天気、信州デスティネーションとかいうキャンペーンが行われている今年は
観光客はここ諏訪の平にもGW中はいってくるのかな?
道が混むかな?
そんなことを思いながらわんことお散歩、わんこも嬉しそう

本日新聞をポストにとりにいき、一面を見たら、ふるさと納税の返礼品3割問題がトップに載っていた
資産性の高い電気製品はダメだとか、3割以上の返礼品はダメとかの総務省からの通達に、各自治体の対応が書かれていたが、4月度が始まり、納税寄付金を期待していた市町村は困惑しているとの記事だった

私はふるさと納税は少額しか恩恵のない一般庶民のため
低価格のものしか見ないのだけれど
お気に入りで、文旦買ったり金時買ったりジャガイモ四種買ったりアイスクリーム買ったりして全国を楽しんでいる

そのふるさと納税で、
すこしあれ?と思うようになってきたのが一昨年あたりから
それまでは市町村担当課へのメールを送り、市町村の振り込み先に振り込んでいたのが
さとふる、とか、ふるさとチョイスとか、ふるなびとか
というサイトができてきて、肉で選ぶ、果実で選ぶ、、、と、
まるでどこかのオンラインショッピングサイトになってきて
加えて
そのサイトでの寄付金を受け付ける市町村が多くなってきたこと
そうすれば、当然個数とかキロ数での比較となってきて
登録するとポイントが付与されるというシステムに
さすがになんだかなあ、と

ということで、あえて登録はせずポイントももらわず利用するようにした
それでもクレジットで決済できる、クレジットはポイントが別につく

加熱をさせたのは誰なのだろう
さとふるとかふるさとチョイスとかふるばびのサイトは、これからも同じように肉とかお歳暮特集とか、、、
続くのだろうか
なんだかなあ、なにかが違うよ、と、資産性のある電機製品はダメで超高級牛はよいの?と
ばたばた騒ぎのふるさと納税のニュースを読んだ

私はふるさと納税システムは良いものだと思うし、それが資産性が高いものであっても、その市町村で生産されているものならば、ほしいなあ、とも思うし、続けてほしい
控除に関係なくても欲しい人はいると思う
たとえば
諏訪の高額な時計も、伊那の一眼レフカメラも、安曇野のノートパソコンも、価格ではなく、好きな人には寄付金をつかってでも購入してほしいなあと
そこにSEIKOとかOLYMPUSとかSONYの会社があるんだよという証し

加えて
もしかしたら、このグローバル化と少子化の時代、100年後に日本の地方都市から精密メーカー生産工場がなくなるかもしれない、と
ふと考えると、
今の精密機器製作自体も伝統工芸になってしまうかもしれず
よけいにも、逆に、ふるさと納税返礼品のために現代の技術レベルがこのようなものだと遺品としても残せるような
そんな返礼品があってもよいのになあと

思うのでした

そんなことも思うのでした

それでも、返礼品をもらえる人ばかり優遇されるのもねえ、と、高齢者の納税義務のない人たちからの不満の声も聞こえますので
どうなのか、どうなのか

控除額以上の物を、地方を応援するために購入している人達もいるような気がします
上手に、よい落としどころがあればよいですねぇ


田舎に住む我は思います
でも
では10年後、今居る市町村に住んでいるのかどうなのか、
それは特に高齢となってくれば、誰もが冷静に判断する時代にもなってくるのかな、とも思う本日は日曜日

わんこともう一度お散歩にいきましょかね

わん
記事へトラックバック / コメント


2017/04/16 20:02
画像


春、飯田は桜満開、伊那も咲きだして、諏訪も高島城の桜が開花したと
ここ蓼科はゴールデンウィーク時期に桜は咲くけれど、ぼんぼりの用意などあちらこちらで見られるようになった
家の古木の山桜はまだつぼみも硬いけれど、小鳥たちがとても楽しそうに遊んでいる

今日は暖かかったので、朝ひさしぶりにワンコと近くをお散歩
びっくりいたしました
上の休耕田がすべて太陽パネルの設置予定で、山際に数年前に建てた家々の周りがすべて太陽光パネル
まぁ、すごい

これも時代ですねえ、と、わんことおしゃべりしながらお散歩をしたが
山が自然が好きで首都圏などから移住された、もっと山に近いところに家を建てた方々は、
この景色のなか、されどまた別のところに移住もさすがにできぬものでしょうし
恰好よい近代的な山暮らしと見るか、ため息ついているか、
どちらかは私にはわかりませんが
すごいなあ、と、一面の設置工事にびっくりいたしました

そして
どおりで我が家や隣の森たちに、最近小鳥やウグイスやリスなどが多くやってくるようになったのねと納得

工事をずっと行っているため、そして車や人が山の上に出入りしていることもあるため
余計にも我が家周辺に動物たちが集まってくるのでしょう

今年はとっても鳥が多く、とても賑やか楽しそうで

今年のウグイスは、はじめから上手な鳴き方で、嬉しいことにカラスは別に動いてくれて(カラスさんに失礼だが)
キジさんたちがせっせとお散歩しているうえを、鷹さんがキジさんを追いかけて
リスが何か拾っていったよ、と、家族が話す

人間も、わんこも、動物で
今朝は、鳥のさえずりの真似も時々して、わんこが不思議そうに我の顔をみあげながらも、ときどきワンワンと言いながらお散歩いたしました
鳥さんは、威嚇をしていただけなのでしょうけれど

春ですねぇ
でも、写真は実家の庭で、可愛い花たちが咲いている
岡谷はもうちょっと暖かい
記事へトラックバック / コメント


彼は動かない

2017/04/11 10:59
画像

ひとつパソコンを購入し
キッチンの近くならば仕事しながら煮込み料理もできるわなと
テーブル置いて
椅子置いてパソコン置いて
そして

ガンとして彼は動こうとしない
違う場所に動けばまた机の下に
可愛いのだけれど
実は誰の足元でもよい彼
甘えることができるようにやっとなったね
と、
そういう問題ではない
ハウスと言ってもつぶらな瞳で見つめ返す
わかっているのよ全部彼は
もの申すとき、ちゃんとむにゃむにゃ言うようになったもの
怒ってハウスと言えば動くもの
今日は寒い1日だから
彼のお腹を湯たんぽにいたしましょうかねえ
やっと雪やんだ
今年は春の訪れがおそいねえ
私の頭も回転おそいねえ
たいへんなお仕事ひとつ、なかなかすすみません
ごめんなさい
記事へトラックバック / コメント


晴れ

2017/03/28 06:56
画像

晴れて霧がたなびきだした
本日は仕事できず
ちょっといろいろふかく考える出来事ありなのだが
言うと自分の立場になったとき完璧にならなければならないため
だまってましょう
こんなに気持ち良い朝なのですもの
記事へトラックバック / コメント


雪だよ

2017/03/21 07:21
画像

あぁあ、雪だよ
せっかく暖かくなったのに

彼はつぶやいているようです
記事へトラックバック / コメント


犬の腹水について

2017/03/01 13:25
約1年前、上のタイトルのキーワード、犬 腹水 にて時間を忘れるまでにネット検索をした経験があり
同じような検索をしている方に、すこしでも参考となっていただければ、と思い
お昼の時間、足元にわんこが丸くなっているなか、ブログを書いています もう3月

長文ですが、もし、キーワード検索でこちらを見た方がいたら、ということで書きます

我が家のわんこが約1年前、腹水がたまり、肺の上にも腫瘍があると診断うけ
このままなにもしないと3か月、抗生物質(手に触れないようにと言われた溶液)を飲ませて錠剤をのませて様子を見るか、血液を全部入れ替えることを行うか、
それにしても、まず手術で腫瘍の検査をしたい

との提案をうけました

結果、人間の私達は、まず手術は、具合が悪いわんこに、これ以上痛い思いをさせるのはかわいそうで手術はしない
血液の全部入れ替えは、直るまで2週間に1度程度通院し、毎月約10万円ほどかかるとのこと
毎月10万円という額と、直るまでがいつかはわからないとのことで、悩んだもののパス

抗生物質を、とりあえず飲みながらの通院、これが月約2-3万円とのこと
とりあえず入院を1週間したあと、そして通院をはじめたのですが

ある日、通院の帰宅途中、車酔いが激しいわんこが、嘔吐と異常な肺にはりつくような息を車のなかではじめ
しかしながら夜も遅かったため、様子を見て翌日病院に電話をすると
連れてきてください、とのこと

しかしながら車酔いでおかしくなったわんこのため、1時間ほど車に乗せるのは無理だろうと思い
近くの動物病院に電話をしたところ
その病院では手におえないかもしれないから市内の他の病院を紹介してくださり、
しかしながら、そこで、でも昨日まで食事をとれていたなら、1日2日食べなくても大丈夫だよと
様子を見て、翌日動物病院に行ったら、と提案いただき

それでもと、思いついたのがわんこの故郷の愛護センター、電話をしたところ運よく電話にでたのが獣医さん
様子を話すと、やはり同じように様子を見てもよいかも、と
その獣医さんは腹水のたまったわんちゃんの水を抜くことはよくある、とのこと

ただし、お二人の獣医さんとも、数時間はを飲ませず、それから水をあげていくように、と教えてくださり

その後、さらにネット検索したところ
動物病院の救急医さんが、わんこの胃炎に人間のガスターテンが有効で、量などについて多くの方がネットにかかれており

結局、動物病院には行かず、そして数時間後に水を飲ませ、それを繰り返しながらガスターテンを飲ませました

お医者さんからいただいた抗生物質と溶液は、人間の手に触れないように、というものを犬が飲むのも危険かもしれないと、お薬はのませず
お医者さんから頂いた療養食のペースト状の缶詰をすこしづつ数時間おきにあたえ

そんなことを10日程いたしましたところ、あるとき、ぴょんぴょんと動き出し、お部屋のなかを歩き始めるようになりました

それから今月で1年になります

わんこは、おかげさまでこんな感じ
ふふふん、と、なんともまぁ、得意気な顔をしているのは何を彼は訴えているのでしょう

死ぬ生きると言われてから変えたのが
あるていど元気になるまで、通販で動物病院でいただいた療養食を買って食べさせたこと
食欲がでてきてからは、やはり通販で、小麦粉抜きのドライフードをお湯でふやかせてあげるようになったこと
お散歩は、あまり遠くにいかなくなったこと
自動車に乗せなくなったこと、と、ペットホテルに預けていないということ
眠るときは、居間にて家族の誰かが必ずわんこの犬小屋の隣に寝ている、ということ

アメリカのお友達から、犬のビタミンクッキーを送ってもらい、それを時々食べさせ
おやつは、お店でも販売されている、さつまいもの乾いたスティック

3か月で亡くなると言われた当時5歳のわんこは
その後、食事が変わったのと、人間さんたちが大変気をつかっているのと
お食事が(シュプレモ)とても美味しいのか、とてもよく食べるようになり、朝夕のうんちもきちんとするようになり
足ががっちり太くなり、骨格がしっかりし
怯えていた表情のわんこが、いたずらやんちゃの表情になってきたこと
暇になると、片足で、おいおい、と、人間の膝を叩き、遊んでちょうだい、と、自己主張できるようになったこと

そんな、柴ミックスのぽんたくんで
現在に至っております


もちろん、いろいろな症状がありますので、これは一例だと読んでいただければ幸いなのですが
どうしても 犬の腹水、となると、癌とか、余命とか、そういうブログや記事ばかりヒットしてしまうのですが
そのなかで
私も一人の方のブログで、わんちゃんが同じように腹水がたまり、腹水を抜いて数年まったく元気だというブログを読んだことで、ほっとしました

腫瘍はなんだったのか、腹水はなんだったのか、もしかしたら症状がでていないだけかもしれませんし
もしかしたら、癌ではなかったのかもしれませんし
それはわかりません
通っていた病院さんもとても丁寧にわんこの治療をしてくださりましたし、お電話の獣医さん方も
親切にいろいろアドバイスいただきました

一番は、わんこがストレスで胃潰瘍とかになったのかなあとかとも思いますが、それはまったくわかりませんし
わんこは、お話できませんので、実際どう思っているのかもわかりません

ただ、最近は、波長のあうテレビ番組のお話に一緒にうぉんうぉんとお話するようになりましたし
がっちりと、なんとなく柴っぽくなってきました

そんなことがあった一年間でした

犬と人間を一緒にしてはいけませんが、病というもの自体、その命を持つ人間、動物さえもわからぬもので
もしかしたら、手をかけすぎて余計悪化させることもあれば
もしかしたら、手遅れのため悪化させることもあるのでしょう

それは、運命なのかなあ、と、生きているものの命は人間の手から離れたところの、どうしようもできない場所にあるのかなあと
そんなことを思います

なにがよくてなにがわるかった、ということは無いのかなあとも思います

もうすぐお彼岸です
寒さ暑さも彼岸まで、わんこ、元気で今年もいてね

長文、散文、すみません

画像

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

PontaとHacchonぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる